ブックメーカーは合法なのか?それとも違法?

ブックメーカーはスポーツベッディング、つまり賭博行為にあたるから犯罪(違法)なんじゃないの?と考える人も多いかもしれません。

興味があっても違法なのではないかということで利用したくてもできないと言う人は多いかもしれません。

ですのでまずは最初に結論を伝えるとブックメーカーは合法と限りなく言って良いと思います。

それを踏まえてどういった法律の仕組みなのか?本当に大丈夫なのかどうかを深く掘り下げていきたいと思います。

ブックメーカーはライセンス制度

ひとまず最初にブックメーカーを運営をするにはその国が定める厳しい審査基準をクリアし、政府から認められてライセンスを発行されて合法的に運営されています。

日本では賭博自体が違反かもしれませんが、他の国ではライセンスを発行をしてもらえれば運営をすることが出来ます。

とはいえ運営をしたいから申請をすれば簡単におりるものではありません。

ギャンブルですので非常に厳しい審査基準が設けられていてライセンスを取得した後でも常に公正取引委員会のようなチェックをする機関が常に監視しているわけです。

またブックメーカーを運営をしているところは各国で上場をしていたり、世界のスポーツメーカーのスポンサーであったり、スポーツ振興に大きく関連している企業が運営をしているわけです。

ギャンブルを運営しているサイトって不安と思うかもしれませんが、日本ではブックメーカー自体があまり知られていないだけで海外では非常に知名度が高く信頼のおける企業が運営をしているのです。

まずは一流企業が運営をしているということを分かってほしいと思います。

ライセンスの所有は確認必須

ブックメーカーを利用する上でとても大切なのがライセンスの所有をしているかどうかの確認です。

基本的には政府から審査を受けたサイトが運営をしているのですが、中には無認可で勝手に運営をしているところもあります。

とはいえ日本語化されていてさらに日本人スタッフがいるようなところは大手サイトぐらいしかないのでそこまで不安にならなくても大丈夫ですが、必ずホームページのトップページの最下部に記載されていることが多いです。

見つからない場合はチャットなどで直接運営に確認をしても良いと思います。

ただ1つ気にしなくてはいけないのが、ライセンスの難易度がそれぞれ違うと言うことです。

ブックメーカーの本場、イギリス領やマルタなどは非常に厳しい審査が行われています。

他にはオランダのキュラソー領やフィリピンなどでも取得することが出来ます。

ライセンスの取得できる国として有名なところを取得しているところを選ぶようにしましょう。

インターネットの法律

ブックメーカーは世界中にプレイヤーがいて運営している会社も厳しいライセンスを取得している大手企業であり、信頼と格式の高いということは理解してくれたかと思います。

しかし、やはり違法なのではないかという考えがよぎると思いますが、まず最初に違法ではありません。

合法に限りなく近いところでしょう。

そもそも日本で定められている賭博法というのは簡単に言えば日本で開催されている賭博に参加・開催をしてはいけないというのがルールとしてあります。

しかし、自宅からブックメーカーというのは国を跨いで参加しているため規制の対象には当てはまらないのです。

つまりこれから法律がどう転ぶかまでは判断しづらいかもしれませんが、基本的にインターネットの世界というのは運営国のルールに則って利用することが出来るわけです。

また今現在、ブックメーカーを利用しているという理由で逮捕された人はいないということも考えるとこれから先の法律が新たに誕生するかもしれませんが、今現在は安心して利用できると言って良いでしょう。

世界的信頼の企業が運営をするサービスを利用してはいけないと言うのはやはり批判の対象にもなりやすいものですので慎重に協議を続けていくことでしょう。

またブックメーカーと似たサービスであるオンラインカジノに関して過去に逮捕者が出ましたが、これも略式起訴と不起訴(無罪)となっています。

略式起訴とは

簡単に言えば罰金刑であり、長引く裁判などを避ける為に自ら罪を認めて罰金を支払うことです。

しかし、これに対して不服と感じたプレイヤーが裁判で争う姿勢を見せたところ検察側が不起訴(無罪)としたのです。

日本の裁判というのは過去の慣例をとても重視するため今後逮捕されるようなことも限りなくゼロに近いと思われますし、オンラインカジノで不起訴となったのであればブックメーカーも同じ扱いになることが考えられます。

よく法の抜け道が無いからグレーゾーンと言った表記をしている人もいるかもしれませんが、グレーゾーンというよりもホワイトに限りなく近い色と考えたほうが良いでしょう。

不安に思われるかもしれませんが、現状では問題なく利用できます。

まとめ

ブックメーカーは違法か?それとも合法か?というのはプレイヤーからしてみればかなり不安になる点かもしれませんが、現状では限りなく白に近いと言って良いでしょう。

現状オンラインカジノで不起訴(無罪)になっているのでブックメーカーも同じ扱いになると考えれます。

今後法律がどうなるか分かりませんが、今すぐ変わると言うことはまず考えられません。

何よりも違法なものであればすぐに警察が動いてサイト閲覧禁止だったり、利用できないようにしています。何よりもブックメーカー側が日本から撤退していることでしょう。

現状では問題なく利用できると言うことを理解してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です