優良サイトかどうか見極める基準

ブックメーカーと言うのは日本ではまだまだ知名度的には高くないですが、海外ではかなりメジャーなサイトです。

世界中に500サイト以上存在していると言われている中でその中でまだブックメーカーについて右も左も分からない状態で適当にサイトを選ぶのはあまり好ましくありません。

やはり大手のほうが初めてブックメーカーを利用する人からしてみれば安心できると思います。

そこでここではどんなサイトが大手優良ブックメーカーサイトなのかの判断基準を紹介していきたいと思いますので参考にして欲しいと思います。

厳しい判断基準を設けることが大事


適当にゆるく大手っぽいから選ぶと言うのは駄目です。

ブックメーカーサイトを利用しようと思ったら利用するサイトは1つか2つ、多くても3サイトぐらいだと思います。

適当に選ぶのではなくしっかりと厳しい基準を設けて5サイトぐらいに絞り込むぐらいの基準を設けるようにしましょう。

公式ライセンスを取得している


ブックメーカーというのはどの会社でも気軽に運営をしていいというわけではなくて、ライセンスを取得していないと運営をしてはいけないのです。

またこのライセンスも申請すれば簡単に通るというわけではありません。

インターネットが出来る前からブックメーカーと言うのは実店舗としてあります。

国によってはスタバよりもブックメーカーの店舗のほうが多いとさえ言われているほどで、一般的なものなのです。

過去に多くのブックメーカー業者が乱立し、その中には悪徳業者も多かったためにライセンス制度を設けました。

簡単な審査や申請をするだけで取得が出来てしまえば意味が無いので厳しい審査基準の下、ライセンスが発行されているのです。

ただし、基本的には厳しい審査基準が設けられていると言われていますが、ライセンスの取得の難易度と言うのは国や領によって若干変わってきます。

イギリスやマルタ共和国・ジブラルタルのライセンスは厳しい審査で取得も難しいと言われていますが、フィリピンやキュラソーなどで発行されているライセンスはそこまで難しくはないと言われています。

フィリピンやキュラソーなどで発行されているライセンスを取得しているから怪しいと言うわけでもないですが、1つの目安として見ておきましょう。

運営歴が長い


ブックメーカーのみならずインターネット業界と言うのは非常に参入しやすい業界です。

そのため多くが参入して、1年未満で事業を辞めてしまうということも数多く存在しています。

これはインターネットの参入がしやすいと言うことが挙げられるのですが、やはりブックメーカーも毎年多くの会社がライセンスを発行してもらって参入してきます。

中には経営悪化で途中でサイトが閉鎖されてしまうこともあります。

移り変わりが激しいのがインターネットの世界の中で長く運営をしていると言うのは非常に信頼されていますし、固定客もいるということで安心が出来ますよね。

もちろん新たに参入してくる企業の中には優良なところもあるかもしれませんがやはり長年運営をしているところは安心感がありますよね。

初めて利用する人は運営歴の長さも確認しておきましょう。

最低でも1年以上でそれ以下は利用しないほうが良いでしょう。出来れば5年以上は運営をしているところを利用したほうが無難かもしれません。

広告を多方面に展開している


広告を多方面に出しているかどうかは非常に重要です。集客をしているかどうかでその企業の資本力が分かりますし、広告を積極的に打ち出しているということは利用者も多く、サイト内も盛り上がっているということになります。

昔だったらテレビや雑誌などが主流でしたが、今では様々なメディアが存在しています。

ソーシャルメディアを使った広告だったり、スポンサーになったり、アフィリエイトなど多方面に出しているかどうかは大手企業かどうかを見極めるポイントでもあります。

必ず確認をしておきましょう。

日本人スタッフによる常駐対応


日本では運営すること自体が禁止されているのでブックメーカーサイトは海外で運営されています。

英語で書かれているところがほとんどですが、大手ブックメーカーサイトではサイトも多言語化されていて日本語表記で書かれています。

さらに大手サイトの場合は日本のプレイヤーの獲得にも非常に前向きになっているので日本人スタッフも常駐しているところがあります。

日本人スタッフが居たほうがやはり初めて利用する人からしてみれば接しやすいですよね。

英語が苦手という人は日本人スタッフが居るところを選ぶようにしましょう。

キャンペーンがイベントが豊富


キャンペーンが豊富だったりイベントが頻繁に行われているところはサイト内も活性化していますし、プレイヤー側としてはとても嬉しい事でもあります。

ブックメーカーの運営側として、今後日本でのプレイヤーの数も増やして行きたいと考えているので非常に積極的にキャンペーンやイベントを日本人向けに行っています。

プレイヤー側としてはもらえるものは貰っておきたいと考えますよね。

頻繁に行っているところを目安の1つにするのも良いでしょう。

まとめ

ブックメーカーサイトは500サイト以上も常時存在していると言われている中で結局のところ自分が利用するとなったら1つか2つ、多くても3つ程度でしょう。

なかなか4つ5つも利用すると言うことは少ないと思います。

だからこそ非常に厳しい審査基準を設けた上で判断することが大切です。

今紹介した基準にどれか1つでも当てはまれば大手と言うわけではありません。

全てに当てはまる、もしくは近しいサイトを選ぶようにしましょう。

安心して利用することが出来ると確信した上で利用したほうがプレイする側としてもノビノビとブックメーカーを楽しむことが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です