夜の仕事に就きたがる

モラルの低下

多くの女性がこのアダルト業界に出演しようとしています。それは驚くべき出演者数になっておりちょっと前だったらあまり出演する人というのはあまりいなかったのですが、近年爆発的増加傾向になっております。

出演依頼をするときもみんな出演しているし、記念に出ている人もいるよ!っていうぐらいの軽い気持ちで出演している人もいます。もちろんお金に困って仕方なく出演している人が大半ですが、中には男優のテクニックを味わってみたいという気持ちだったり彼氏に出演するよう言われてでたという女性もいるぐらいですから理由のハードルが下がっていますよね。

その理由としては夜の業界全体に対する意識の低下があげられると言われているのではないでしょうか?たとえば飲食業で働くのは昔の人はあまりよしとしていませんでしたが、今は職業としてちゃんと確立されております。

また夜の職業の代表的なものとしてはキャバクラなどがあげられますよね。ちょっと前だったら世間からは疎まれていた職業でしたし、楽してお金が稼げるものみたいな形であまり世間では冷たい目で見られていましたが、アゲハ嬢と呼ばれる人が現れて専門雑誌などができたり取材などでも扱われてテレビなどでも取り扱われてしまっているぐらい盛り上がっていた時期もありました。

今はちょっと落ち着いていますがキャバクラで働いているといっても別に変な眼で見られることはなくなりましたよね。徐々に夜の業界で働くことに対して認識がゆるくなっているように思います。そうなれば次に来るのはやはり風俗関係ですよね。

さすがにこの業界で働くことを認めるということはありませんが、徐々に女性が出演する決意というのはゆるくなっております。

現にかわいい女性がどんどん出演していますし、若い子はお金が稼げるということで出演を決めている人もいます。出演者の気持ちのハードルと夜の世界の業界に対する目の双方が下がって来ているように思います。